入れ歯

入れ歯について

虫歯や歯周病などの病気、または加齢、事故により歯を失ってしまった時に装着する人工歯のことを、入れ歯と言います。入れ歯には大きく分けて2種類あり、歯をすべて失った時に装着するものを「総入れ歯」、歯が1本でも残っている状態で装着するものを「部分入れ歯」と言います。
患者様の中には、入れ歯を装着することで、お口まわりの審美性が損なわれることを心配される方もいらっしゃいますが、当クリニックで取り扱っている「ノンクラスプデンチャー」であれば、クラスプと呼ばれる金属のバネを使用しないため、審美性を損なうことなく入れ歯を装着して頂くことができます。

当クリニックは入れ歯治療に自信があります

当クリニックでは入れ歯の作製を、信頼のおける歯科技工士に依頼しております。こちらの歯科技工士とは長年提携し続けておりますので、安心してお任せ頂ければと思います。また、当クリニックは入れ歯の症例数も多いので、入れ歯治療を非常に得意としております。もし今、「入れ歯が合わない」「入れ歯がよく外れる」などとお悩みであれば、一度当クリニックまでご相談ください。患者様にとって最適な入れ歯を提供させて頂きます。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

<手術が必要ない>
インプラント治療の場合、インプラントを顎の骨に埋入するために手術が必要となりますが、入れ歯ではそうした治療は必要ありません。
<治療費を抑えることができる>
治療費が高額になることが多いインプラント治療を比べて、入れ歯は安価で治療を受けて頂くことができます。
<治療期間が短い>
基本的に入れ歯治療は、インプラント治療よりも短い期間で終えることができます。

デメリット

<違和感に慣れるまで時間が必要>
食事や会話などの際の違和感に慣れるまで、時間が必要となる場合があります。使用中の入れ歯から新しい入れ歯に切り替えた時も同様です。
<審美性を損なう可能性がある>
クラスプと呼ばれる金属のバネを使用する入れ歯の場合、審美性を損なう可能性があります。しかし、クラスプを使用しない「ノンクラスプデンチャー」であれば、お口まわりの審美性を損なうことなく入れ歯を装着して頂くことができます。
<歯に負担をかけることがある>
クラスプと呼ばれる金属のバネを歯にかけることで、その歯に負担をかける場合があります。ただし、入れ歯の設計を見直すことで、歯にかかる負担を軽減することができます。

当クリニックが取り扱う入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー
クラスプと呼ばれる金属のバネを使用しない入れ歯で見た目が良く、とても審美性に優れています。入れ歯本体が軽いので、装着時の違和感が少ないという特徴もあります。金属を使用しない入れ歯のため、金属アレルギーの方でも安心です。
金属床入れ歯
金属床入れ歯
床部分が金属で作られており、耐久性に優れてた入れ歯です。入れ歯本体を薄く作製することができるので、装着したときの違和感を軽減させることができます。また、熱伝導に優れているので、食事を美味しく味わうことができる、修理がしやすいなどの特徴もあります。
レジン床入れ歯
レジン床入れ歯
床部分がレジン(歯科用プラスチック)で作られた入れ歯です。保険が適用されるので、治療費を抑えて入れ歯治療を受けて頂くことができます。

入れ歯治療後のメンテナンス

患者様の歯の状態によっても異なりますが、入れ歯治療後は約3ヶ月に1回の頻度でご来院頂き、定期的にメンテナンスを受けられることを推奨します。入れ歯は決して「一生物」ではありませんが、定期的にメンテナンスすることで、長期間使用し続けることは可能です。当クリニックでは、入れ歯に不具合が生じたからといってすぐに作り替えるのではなく、修理をしてできるだけ長くお使い頂けるように努めます。当クリニックが取り扱う入れ歯のうち、特に金属床入れ歯には修理がしやすいという特徴がありますので、「1つの入れ歯を長く使い続けたい」とお考えの方におすすめです。

  • 審美歯科専門サイト aesthetic dentistry
  • インプラント専門サイト implant
  • 当院の口コミ reviews
  • 審美歯科専門サイト aesthetic dentistry
  • インプラント専門サイト implant
  • 当院の口コミ reviews
06-6724-0811