一般歯科(虫歯・歯周病)

虫歯について

虫歯とは、お口の中の虫歯菌が糖質から作った酸により、歯が溶かされてしまう病気です。耳慣れた病気であるために、警戒心が薄い患者様もいらっしゃるかもしれませんが、虫歯は症状が進行すると歯が抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。初期段階には痛みなどの自覚症状が現れにくいため、早期発見・早期治療のためには、歯科医院で定期健診を受けることが重要となります。

早期発見・早期治療により少ない負担で虫歯を治すことができます

「虫歯治療=痛い」とお考えの方も多いかと思いますが、虫歯は早期発見・早期治療すれば、少ない痛みで治癒をはかることが可能です。また、治療期間も短くすることができます。そうでない場合でも、できるだけ治療回数を少なくするなどの配慮を行っております。
痛みに対して不安感が強い方には、麻酔を使用した治療も行っております。当クリニックは麻酔のテクニックにも自信がありますので、例えば歯の神経を除去する時でも、むやみやたらと麻酔を打つようなことは致しません。適切な本数のみで、しっかりと麻酔効果を発揮させて治療を受けて頂くようにしております。

虫歯の進行

CO
歯のエナメル質が虫歯菌の酸により、浅く溶けた状態です。痛みなどの自覚症状はありません。
C1
C1
歯のエナメル質に穴が開いた状態です。歯を削って補填する治療を行います。まだ痛みなどの自覚症状はありません。
C2
C2
エナメル質を突き抜けて、象牙質にまで虫歯が進行した状態です。冷たい水がしみるなどの症状が現れ始めます。歯を削り、詰め物を詰めるなどの治療を行います。
C3
C3
歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。歯髄が炎症を起こし、激しい痛みなどの症状が現れます。通常、神経の治療を行いつつ、歯を削って被せ物を被せるなどの治療を行います。
C4
C4
歯根(歯の根っこ)だけが残った状態です。放っておくと、歯根の先に病巣が発生する場合があります。この段階にまで至ると、抜歯を検討しなければいけなくなります。

歯周病について

歯周病とは、歯と歯茎の間に歯垢(プラーク)が溜まり、歯垢内の細菌に感染することで起こる感染症です。症状が進行すると、歯槽骨(歯の土台となる骨)が溶けたり、歯がぐらぐらと動いて抜け落ちたりすることがあります。虫歯と同様に初期段階には自覚症状が現れにくいので、早期発見・早期治療のためには、歯科医院で定期健診を受けることが重要となります。
歯周病は現在、歯を失う一番の原因であるとされており、日本の成人の8割以上が何らかの形でこの歯周病にかかっていると言われています。

歯周病が全身におよぼす影響

近年、歯周病はお口の中だけでなく、全身の健康にも影響をおよぼすことがわかっています。歯周病は糖尿病の症状とも深い関係があるとされており、さらに心内膜炎や心臓弁膜症などの心疾患を引き起こすとされています。そのほか、心筋梗塞、狭心症、骨粗しょう症など、様々な症状にも影響をおよぼすと考えられています。また妊娠中の歯周病は、早産・流産のリスクを高めると言われています。
歯周病が全身におよぼす影響は、様々なところで紹介されていることもあって、患者様の間でも認識され始めていますが、まだまだ「歯周病=お口の中だけのこと」とお考えになられている方もいます。そうした患者様にも歯周病の恐ろしさを知って頂き、「歯周病を予防することは、全身の健康を守ること」に繋がるということをご認識頂ければと思います。

歯周病の進行

歯肉炎
歯肉炎
歯茎が炎症を起こした状態です。歯磨き時に血が出ることがあります。歯周ポケットも形成され始めます。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
歯茎の炎症が進み、歯周ポケットの深さも3~4mm程度となります。歯磨き時に血が出ることもありますが、目立った自覚症状はありません。
中度歯周炎
中度歯周炎
さらに炎症が進み、歯茎が赤く腫れ上がります。歯槽骨も溶け始め少なくなります。歯周ポケットの深さは5~6mm程度となり、歯が浮いたような感じがある、硬い物を噛むと歯がぐらつく、痛みを感じるなどの自覚症状が現れ始めます。
重度歯周病
重度歯周病
炎症が悪化し、歯茎がブヨブヨとした状態になります。歯槽骨が半分以上溶け、歯根が露出し、歯のぐらつきや痛みが悪化します。歯周ポケットの深さは7mm以上となり、強い口臭が発生することもあります。
  • 審美歯科専門サイト aesthetic dentistry
  • インプラント専門サイト implant
  • 当院の口コミ reviews
  • 審美歯科専門サイト aesthetic dentistry
  • インプラント専門サイト implant
  • 当院の口コミ reviews
06-6724-0811