小児歯科

小児歯科について

小児歯科とは、お子様に対して病気の治療や予防を行うものです。当クリニックでは小児歯科メニューとして、「フッ素塗布」「シーラント」「TBI(歯磨き指導)」などを行っております。
乳歯を健康な永久歯へと導くためには、生まれてから幼児期にかけての「フッ素塗布」などの定期的なケアが重要となります。当クリニックでは、将来お子様が健康な歯で幸せに暮らしていけるように、約3ヶ月に1回の定期的なメンテナンスクリーニングを中心とした、虫歯予防プログラムを行っております。

急がない、焦らない、お子様を信じる

当クリニックでは、決して無理矢理治療を行ったりはしません。そんなことをすると、お子様を「歯医者嫌い」にしてしまう場合があります。ですので、お子様の状態に合わせて急がず、焦らず、ゆっくりと治療を進めて参ります。そうすれば大抵のお子様は、だんだんスムーズに治療が受けられるようになります。そうしたお子様の成長を信じることが、小児歯科では何よりも大切なのではないかと考えております。

当クリニックの小児歯科メニュー

フッ素塗布

虫歯菌が酸を出すのを抑制する効果があるフッ素化合物を歯に塗布することで、虫歯になりにくくします。また、フッ素化合物がイオンコートとして歯の表面をカバーすることで、虫歯菌が作り出す酸から歯を守ります。フッ素塗布は、特に生えたての乳歯や永久歯に対して、虫歯予防の効果があると言われており、年に約2~4回定期的にフッ素塗布することで、さらに効果を高めることができます。

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝をフッ素化合物の樹脂のシーラントで埋めることで、虫歯予防になります。

TBI(歯磨き指導)

大人の方でも、正しく歯が磨けている方は少ないかと思います。これがお子様となると、なおさらです。ですので、お子様お一人おひとりの歯の状態を確認した上で、正しい歯の磨き方や歯ブラシの選び方などを丁寧にわかりやすく指導致します。

仕上げ磨きでお子様の歯を病気から守ってあげましょう

小さなお子様の歯を病気から守るためには、保護者の方の仕上げ磨きが非常に効果的です。お子様の歯の状態によっても異なりますが、できれば小学校を上がるまでは仕上げ磨きをしてあげるようにしてください。
そして仕上げ磨きによりお子様の歯を病気から守るためには、保護者の方が正しい歯の磨き方を身に付けている必要があります。当クリニックでは、仕上げ磨きの方法についても詳しくご説明させて頂きます。

年代別虫歯予防のポイント

0歳
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいません。それがうつるのは、保護者の方による食べ物の口移しやキスなどが主な原因であるとされています。ですので、お子様の歯を病気から守りたいとお考えであれば、ご家族全員で「歯の健康」のことをしっかりと考えていく必要があります。「最近、歯科医院に行っていない」という保護者の方は、一度当クリニックでお口の中の健康状態をチェックされることをおすすめします。
1歳半~3歳
1歳半を経過すると、上下の前歯や奥歯の乳歯が生え揃ってきます。この時期に甘い飲料類を与えて、そのまま寝かしつけてしまったりすると、虫歯になりやすくなることがあります。ですので、1歳ごろから哺乳瓶を卒業させて、ミルクや果汁などの糖分が多い飲料を与え過ぎないようにしてください。
3歳前後
3歳ごろになると、乳歯が生え揃います。この時期には色々な物を食べることを覚えるため、甘い物を口にする機会も多くなりがちです。それにともない、虫歯にかかるリスクも高まります。過度な間食は避け、通常の食事をしっかり噛んで食べるように習慣付けてあげてください。
6歳前後
6歳ごろから、乳歯が永久歯に生え変わります。その前後、「6歳臼歯」と言われる第一大臼歯が生え始め、この歯は噛む力が最も強く、噛み合わせの中でも重要な役割を果たします。しかし、奥側に生えてくるため、歯磨きがおろそかになりがちです。また、他の歯のよりも溝が深いため、食べかすなどが溜まりやすくなります。ですので、歯を磨く際には歯ブラシを口の横から入れて、歯の溝に残った食べかすや、歯のまわりの汚れをしっかりと落とすように指導してあげてください。
  • 審美歯科専門サイト aesthetic dentistry
  • インプラント専門サイト implant
  • 当院の口コミ reviews
  • 審美歯科専門サイト aesthetic dentistry
  • インプラント専門サイト implant
  • 当院の口コミ reviews
06-6724-0811